平日のご注文の限り、即日出荷OK!

ティファールの歴史

ティファールの調理器具は、フランスの調理器具メーカー「グループ・セブ」が販売しています。
日本においては当初は「セブ」ブランドとして販売されていましたが、1998年より「ティファール」のブランド名を使うようになりました。

ティファール・ブランドが生まれるまで

ティファール生産工場の様子

半世紀以上前の1956年、フランスのサセールという町でティファール社は産声を上げました。 会社設立のきっかけとなったのは、その2年前にアルミニウムをフッ素樹脂で加工してこびりつかなくなる技術、いわゆる「ノンスティック調理器具」が発明されたことでした。創業当初のティファールのフライパンの生産量は、1日あたり100枚程度でした。
そのフライパンがブレイクしたのは1961年のこと。ニューヨークの有名な雑誌で紹介されたことにより、それまで週7,500枚だった売上が、一挙に月間100万枚に跳ね上がる大躍進を遂げたのです。 以後ティファールは、「こびりつかないフライパン」の代名詞となりました。

合併、そして日本上陸

ティファール ノンスティックフライパンポスター

1968年、ティファール社は当時フランスにおける調理器具のトップメーカー「セブ」社と合併することとなりました。セブ社は19世紀中頃から続く老舗で、ティファール創立とほぼ同時期に、安全弁付きの圧力鍋を開発・発売していました。
それ以降、「快適で使いやすいキッチン用品」を目指して、次々と革新的な技術が採用された調理器具をリリースし続け、フランス調理器具のトップブランドとして君臨までになりました。
1975年には日本に「株式会社セブジャパン」を設立。以後は「セブ」ブランドとして商品を販売していましたが、1998年からティファールのブランド名を使用。直後にインジニオシリーズの調理器具が大ブレイクし、日本においても有名なキッチンアイテムメーカーの一つとして認知されるに至りました。
そして今なおティファールの調理器具は、日本で、そして世界中で愛用され続けています。

ティファール(T-FAL)調理器具 独自の特徴

使いやすさを重視した機能が盛り込まれています。

ティファール「インテグラル底面」について
インテグラル底面について
ティファールの多層コーティングについて
多層コーティングについて
温度が見える「お知らせマーク」
温度が見える「お知らせマーク」
ページの先頭へ

当店取扱商品の一覧

インテグラルジュエル シチューパン 20cm
インテグラルジュエル マルチパン 26cm
フライパン インテグラルジュエル
圧力鍋 クリプソ・メイユール 3L
ネオ IHロゼブラウンセット 9
ネオ フィグノワール セット 10
ネオ フィグノワール セット 6
ネオ フィグノワール セット 5
インジニオ・ネオ 専用取っ手 パールピンク

インジニオ ネオ フィグノワール エッグロースター
ネオ IHステンレスEXセット 10
ネオ IHステンレスEXセット 8
インジニオ・ネオ バタフライガラスぶた
インジニオ・ネオ シールリッド
インジニオ ネオ IHロゼブラウン フライパン

ティファール専門店 お買い物について